朝一番にミネラルウォーター

朝に起きると、喉が渇いていることが多いです。そこで、私は、いつも枕元にミネラルウォーターを置いて寝ています。明け方にちょっとのどが渇いたと思ったら、枕元のボトルをとって、すぐに飲むことができるため、とても便利です。

とくに、朝起きてすぐ、眠気がとれないときに、水を飲むことで体が動き出し、調子が良くなる気がします。朝に飲む場合、私がとくにこだわっているのは、「軟水」を飲むことです。「軟水」は、お腹にも優しく、赤ちゃん用に購入する人も多いと聞きます。そのため、朝にまだ、体が動いていない時間帯に、「軟水」はとても飲みやすいと感じています。

サイズも、1リットルがお買い得ではありますが、枕元に置くことを考えて、500ミリリットル、もしくは、その半分のサイズのものを買うようにしています。最近は、ボトルのデザインが、お洒落なものが増えてきて、枕元に置くのも楽しくなります。

気温が高くなってくると、水がぬるくなってしなうので、冷蔵庫に入れるようにしていますが、持ち運びができる小型冷蔵庫を買って、枕元に置くことを計画しています。水を飲むことで、健康維持にも役立つ気がしているので、いろいろな種類を楽しんでいきたいと思っています。

自分に合ったミネラルウォーターを選ぼう!

水はどこのものも違いはないものだと思い込んでいた私でしたが、震災をきっかけにミネラルウォーターを購入するようになり、良さを知り、お水にこだわりを持つようになりました。

その中で、海洋深層水は、私の体調と合わないようで、頭痛が発生するので相性が悪いと知りました。

他の方に聞いたことがないので、あくまで私個人のことではありますが。

海外の硬水の水も、「体に良い」とか、「ダイエット効果がある」ようで、一時期購入していましたが、私の口に合わず、飲んだ後に通常の水がほしくなるという症状に駆られます。ですので、わざわざ高いお金を出して購入するものではないな、と自分の中で結論にいたりました。もちろん、体に合う方もいらっしゃると思いますが。

また、私の中では、美味しいお水でのどの渇きを潤しているときは至福の時です。ちょとしてご褒美にいつもより高めのお水を飲むことでテンションがあがります。

中でも、寝起きの一杯。スポーツやヨガの後の一杯はとてもおいしく感じますね。

それから、海外旅行に行った際のお水。海外ものも美味しいですが、日本のお水が一番おいしく感じます。

美味しいお水で、飲む、お茶も美味しいですよね。これからも自分の合うミネラルウォーターを探していきたいと思います。

どんなミネラルウォーターが自分に合うのか知りたいのであればこんなサイトが参考になりますよ。
http://www.organiccafe-aja.com/category7/

ミネラルウォーターと一口に言っても色んな種類があって、いろんな効能が期待できるようなんですよね。

毎日ミネラルウォーターを2リットル以上口にしています。

私は、モデルさんが日常的に飲んでいることから話題になった時期にコントレックスを飲む習慣をつけて以来、もう十何年もミネラルウォーターを飲む事を習慣にしています。

朝起きてすぐ、出かける前、お風呂の前後、寝る前はもちろん、仕事中もお茶やコーヒーではなく常温のミネラルウォーターを口にしています。身体の乾きもなくなりましたし、トイレに行く回数が増えてデトックスを実感しています。

さらに、最近は味噌汁を作ったり、煮物をするときにもミネラルウォーターを使うようにしています。水道水はもちろん飲んでも大丈夫な品質だとは思いますが、私はなんとなくマンションの水道管や蛇口などの劣化が気になっていて、本当に衛生的なのか心配になってしまって。子供が生まれてからは、特に口をゆすぐときもミネラルウォーターにさせています。子供はうがいをしたり、口をゆすぐときも誤って飲んでしまうことが多いため、ミネラルウォーターのほうが安心なのです。

以前はペットボトルの水を箱で購入していましたが、最近はウォーターサーバーを導入しました。機械のレンタルは無料だし水の運搬も無料だしとても助かっています。

サーバーをプッシュするだけで必要な分だけお湯や水が出るので、節約にもなっています。

ミネラルが体に良いので

日本は比較的、水道の水を安心して飲める恵まれた環境だと聞きます。

しかし、今はミネラルウォーターを買うことが一般的になっています。

実際に私も一時期ミネラルウォーターを購入していました。

我が家は水道の水を飲むことはあまりなかったのですが、飲んだとしてもまずいと感じたことは正直ありません。

ただ、ミネラルが身体に良いと聞いて、水道の水では補えないと思ったからミネラルウォーターを購入することになったのです。

夫は水道をひねると安全な水が出てくるのだから、わざわざ水を買うことに

はあまり賛成ではありませんでした。

ミネラルなら他の食品で補えばよいとも言われました。

そのせいもあり、ミネラルウォーターを購入するのは毎日ではなく、水がなくなったら買うというかんじで、毎日必須ではありませんでした。

そういう意味では我が家はあまり水にこだわっていないかもしれません。

喉が渇いたら水ではなくお茶だから余計そうなのかもしれません。

とはいえ、やはりミネラルウォーターは美味しいと感じます。

夫もそれは認めています。

なので、我が家では毎日購入しませんが時々気が向いた時に購入したり、主には経済的な浄水ポットを利用しています。

我が家で使っている浄水ポットは不純物を取り除いてくれて、ミネラル成分を残してくれるタイプなので

充分満足しています。

毎日飲んでいる水

お水は毎日飲んでいます。まず朝起きたときにすっきりしたいので、飲むようにしています。本当は常温しておいたものが体にはよいのかもしれませんが、私はどうしても物足りないので冷やしたものを飲んでいます。それから朝食をとるようにしています。

更に食事のときにも一緒にミネラルウォーターを摂取するようにしています。

こうやって意識して摂取しているのも、もともと自分自身が便秘気味なので少しでも改善するように摂取するようにし始めました。そうすると、時間がない朝でも改善しているような気がします。トイレの回数が増えることで体の中もすっきりするのでよかったと思います。

寒いときには温めて白湯にして飲むこともよくあります。体にすーっと入っていくので体も温まりますし飲みやすいです。今の時期はこうやって飲むことも多いです。

それ以外にもコーヒーを飲むときにもミネラルウォーターを温めたものを使用して飲むようにしています。少しでもよいものを飲みたいので効果などはよくわかりませんが、そのようにして飲んでいます。

今では、ミネラルウォーターの炭酸水も多く販売しているのでそれを飲むこともあります。量を多く飲まなくても、少し飲むだけでかなりリフレッシュします。これはジュースなどを多くのまれる方にはおすすめです。ミネラルウォーターに抵抗がある人だったらこれが一番飲みやすいかもしれません。

安心な銘柄ばかりじゃないミネラルウォーター

実家が井戸水を使っており、地下水で育ったせいか、水道水のカルキ臭がどうしてもがまんできません。最初はぜいたくかな、と思って少し抵抗があったのですが、徐々にミネラルウォーターを飲む機会が増え、今では、すべてミネラルウォーターを使っています。

特に、子供が生まれてからは、水道水を飲ませることは考えられないという感じで、ミネラルウォーターを箱買いしています。今は昔よりかなり安くなっており、こんなに安くて大丈夫なの?というくらい安くなる時があり、少し不安に感じる時もありますが、経済的にはとても助かっています。

銘柄もいろいろ変えてみて、様々なメーカーのミネラルウォーターを試してみました。味、産地、価格を考慮して、クリスタルガイザーを買うことが多いです。

少し前に、ミネラルウォーターのほとんどに、「硝酸態窒素」という成分が入っている、という記事をインターネットで見ました。ミネラルウォーターは安心な水だと思ってわざわざ買っていたのに、お金を出して危険な水を飲んでいたのかと思いショックでした。

幸い、クリスタルガイザーには硝酸態窒素は含まれていなかったそうなので、ほっと胸をなでおろしました。もうほかのメーカーのミネラルウォーターは買わず、この銘柄一本に決めようと思っています。

ミネラルウォーターで美容と健康

成人の身体の水の占める割合は60%?65%です。

実に身体の半分以上が水。

それだけでも、水が私たちの身体にどれほ程大切な存在か分かりますね。

そして、毎日口にする水、硬いモノや柔らかいモノがありますが、

あまりミネラルが強すぎても、日本人のお腹には合わなかったりもします。

そのまま飲む水にしても、お茶を入れるのか、コーヒーを沸かすのか。

その用途によっても選びたいものですね。

昨今では巷にたくさん溢れているミネラルウォーター。

ペットボトルタイプで、個人用に選ぶのか、サーバータイプで家族や

職場の人たちと共用に選ぶのか。

ちなみに私は一人暮らしの個人用ですが、浄水タイプのサーバーを

使っています。

以前貧血気味だったので、少し硬めのミネラルウォーターを選び

毎日お料理にも使っていました。

すると、ヘモグロビン値7だった私が、初めの一か月で9まで改善しました。

半年以上使い続けた今では、正常値の13までに回復し、薬やサプリメントに

頼らず水だけで、体質改善され大満足です。

補足ですが、ペットボトルよりも浄水タイプのほうが、環境面では優れているので

これからの未来を担う子供たちの事を考えると、マイボトルに浄水されたサーバー水を

家から持って出かける習慣をつけると、地球規模で考えた結果よいのではないでしょうか。

ミネラル多めの水は炭酸水が飲みやすい

近年、様々な種類のミネラルウォーターが販売されています。国内産の物はもちろん、最近は海外の物も店頭やインターネットで簡単に手に入るようになりました。

ミネラルの含有量によって硬水と軟水に分かれるのは知られたところであり、日本の水は基本的には軟水とされています。普段から口が慣れている軟水系が人気な一方で、ミネラルが豊富な硬水も美容と健康のためと愛飲者が増えています。ただ、日本人の口にはミネラルが多いからこそ避けられない、のどや舌に引っかかるような感覚が合わないと思うこともあります。

美容のためにはミネラルが多い硬水を飲みたい、でも飲んだら慣れない味がするようで…そんな悩みを解決してくれるミネラルウォーターが、実は炭酸水です。海外産のものが多いのですが、成分表をよく見てみると、その中身は硬水そのもの。しかし口にしてみますと、炭酸の爽快感で硬水の独特の味が気になりにくくなっています。

天然の炭酸水というとなかなか見つけられないと思われがちですが、成分に「水・炭酸」という表記がなければ天然の炭酸水です。ヨーロッパで人気のペリエ、ゲロルシュタイナーなどはその代表。ソーダ割りを作るとき、もちろんそのまま、ミネラル豊富な硬水を飲みやすく取り入れるために、炭酸水に挑戦してみてはいかがでしょうか。

いろいろミネラルウォーターを試した結果

いつ頃からか、コンビニやスーパーや自動販売機などで、ミネラルウォーターが売られるようになってきて、カフェでも注文できるようになっていたり、種類もどんどん増えて、私にとっては、とても嬉しいことです。

家の水道の水が夏場は不味くなるのがきっかけで、ミネラルウォーターを買うようになりました。

買い始めた頃は、「水をわざわざ買うなんて…。」と親に言われてましたが、今では、親もミネラルウォーターを

買っています。

種類が増えると、いろいろ試してみたくなるので、たくさん試しました。

まだ、全種類制覇なんて、夢のまた夢ですが、そこそこ飲んだので、自分の好みが分かってきました。

硬水では、炭酸ガスが入ったのを夏に飲むと、とても心地が良いです。

味がないのに、硬水なのでミネラルたっぷりで、おいしいです。

普段は、軟水です。熊の古道のお水が、私の体質には合ってます。

その他の有名どころのお水は、あまり合わなくて、続かないです。

備蓄用にも、ミネラルウォーターを置いてます。もちろん、熊の古道の水です。

これがあると、ひとまず安心しています。

お料理に使っても、癖がないので、お料理の味が変わったり、しないです。

素材本来の味が出せるような感じです。

いつも、購入するときにはネットで買います。もってきてくださる配達員の方には、大変感謝しています。

いろいろ試した結果、自分に合うミネラルウォーターが見つかって、良かったと思います。

安心して飲めるお水を確保しておくことは、大切だと思う今日この頃です。

子どもがいるから水にはこだわりたい!

子どもが生まれるまでは水にこだわることすら頭になかった私ですが、子どもが生まれてからは体に入るものにはとことんこだわろうと思いミルクを作るのに水も変えなくちゃ!と思ったのがきっかけです。それから離乳食はもちろんですが水分補給の水やお茶も全てミネラルウォーターにしています。料理でもミネラルウォーター使用が当たり前になりました。それからはなぜか水道水に抵抗を感じてしまい常にミネラルウォーターをストックしておくことに…。ウォーターサーバーも使用していた時期がありましたが子どもが間違ってお湯を出したら危険なのでペットボトルのミネラルウォーターを週に10本は買っていました。現在はマイホームに住んでいるのですが浄水器をつけてもらいいつでも綺麗な水を飲めるのでペットボトルを運ぶ手間もなくなり非常に助かっています。ミネラルウォーターのいい点は安心安全が確保されていること。不純物が取り除かれているので子どもにも抵抗なく飲ませられます。水が美味しいと白米も美味しく炊けるし感動します。体の中に入るものにはこだわることでいい事しかないような気がします。水にお金払うの?と思ってる人にもぜひ騙されたと思って試してもらいたいです。