ミネラル多めの水は炭酸水が飲みやすい

近年、様々な種類のミネラルウォーターが販売されています。国内産の物はもちろん、最近は海外の物も店頭やインターネットで簡単に手に入るようになりました。

ミネラルの含有量によって硬水と軟水に分かれるのは知られたところであり、日本の水は基本的には軟水とされています。普段から口が慣れている軟水系が人気な一方で、ミネラルが豊富な硬水も美容と健康のためと愛飲者が増えています。ただ、日本人の口にはミネラルが多いからこそ避けられない、のどや舌に引っかかるような感覚が合わないと思うこともあります。

美容のためにはミネラルが多い硬水を飲みたい、でも飲んだら慣れない味がするようで…そんな悩みを解決してくれるミネラルウォーターが、実は炭酸水です。海外産のものが多いのですが、成分表をよく見てみると、その中身は硬水そのもの。しかし口にしてみますと、炭酸の爽快感で硬水の独特の味が気になりにくくなっています。

天然の炭酸水というとなかなか見つけられないと思われがちですが、成分に「水・炭酸」という表記がなければ天然の炭酸水です。ヨーロッパで人気のペリエ、ゲロルシュタイナーなどはその代表。ソーダ割りを作るとき、もちろんそのまま、ミネラル豊富な硬水を飲みやすく取り入れるために、炭酸水に挑戦してみてはいかがでしょうか。